はんこメイド



ハンコのお手入れ

ハンコを使い続けていると、朱肉が文字の隙間に詰まってしまい、うまく捺印できないことがあります。また、経年劣化や床に落としてしまい、一部が欠けてしまうこともあります。正しくメンテナンスをして、少しでも長くご利用いただければと思います。

ハンコのメンテナンスの仕方

1. 使い終わった後は、朱肉をティッシュや布で必ず拭き取りましょう

汚れたままでは、次回の捺印がうまくできないことがあります。

2. 細かい汚れや目詰まりが取れないときは、柔らかい歯ブラシで一度軽く磨いてから、ティッシュや布で拭き取りましょう

どうしても取れない汚れのときだけお試しください。
擦り過ぎてしまうと、劣化・破損の原因にもなるため、丁寧に行なってください。

3. メンテナンス後は印鑑ケースにしまって置きましょう

特にあかね・柘植や水牛の角などハンコは乾燥/湿度の極端な変化が弱点で、劣化を速めてしまうことがあります。ケースに収めて、環境変化による経年劣化を避けましょう。
落下や衝撃による破損も軽減されます。

メンテナンスのしやすさはチタン印が一番

チタン印は、衝撃に強く壊れにくいのはもちろんのこと、最大の特徴は「水洗い」ができること。朱肉汚れも簡単に落とすことができるので、キレイな捺印を長く続けることができると思います。金属なので経年劣化が少なく、ほかの印材に比べても長くご利用いただけるのが特徴です。大事な1本にはチタン印、という選択をしてみてはいかがでしょうか。 ハンコが破損してしたり、メンテナンスをしても目詰まりが治らない場合には、再度のご購入をお奨めしております。同じ印面のハンコを堀り直しすることは、印章偽造の観点から当社でも承っておりません。ご自身にあった印材をお選びになると共に、大切にお取り扱いいただけると幸いです。