はんこメイド



実印・銀行印・認印…何が違うの?

ハンコには用途に合わせた呼び名がいくつかあります。
ところがその区別については、あまり認知されていないのが実情のようです。ここでは、様々なハンコの呼び名やサイズについてご紹介!

実印

家やクルマを購入するとき、多くの人に聞きおぼえがある実印。
実印は、市区町村に届出をしているものの呼称です。大事な契約の場面などで、個人の確認を間違いなく得るために必要になる実印ですが、普通のハンコとの違いは届出(印鑑登録)されているかどうかだけなのです。市区町村が届出を受理し認めたものにのみ、「実印」としての効果があり、多くの場合は印鑑証明と併せて、本人の意思を間違いなく認めるものとして捺印することになります。

銀行印

銀行の口座開設に必要となる銀行印。 口座開設に際して銀行に届出をし、金銭出納等で本人を確認するための物理的なカギとして使用します。多くの人は、実印と銀行員は分けてお持ちになっていますが、それぞれ使う場面が違い、大事な役割となりますので、万が一の紛失・破損などのリスクを考慮して当サイトでも別々のものをご用意いただくことをお奨めしています。

認印(みとめいん)

おそらく多くの方が最も多く利用されているのが認印。 実は、認印の定義とはかえって難しく、実印も銀行印も、そしてどこにも届出をしていないハンコでも、すべて認印として使うことができます。いわゆる三文判(店頭などで名字が彫刻されて比較的安く売られている)をご利用される方が多いと思いますが、大量生産されたハンコでもあるため、同じ名字の方であれば捺印結果は同じものであることもあります。そして、認印も「銀行印」「実印」としての登録が可能です。
手元に特別にハンコを用意していない方は、つい手元にある認印として使っている三文判を銀行などに登録してしまいます。しかし、これほどキケンなカギはありません。認印と、銀行印・実印の役割を、しっかり区別してお持ちいただくことをお奨めします。

ハンコのサイズ

実印や銀行印は、市販のハンコのサイズであれば様々な規定・条項等に反することはほとんどありません。「一般的はこのサイズ」というスタンダードなサイズとして、当店でも下記のように案内しております。
実印…丸印15.0~18.0mm
銀行印…12.0~15.0mm
認印…10.5~13.5mm
各ハンコとも、女性の方が比較的小ぶりなものを、男性の方が大きめのものを利用する傾向が一般的なようです。迷ったときには、銀行印なら13.5mm、実印なら16.5mm程度を選ぶとよいかと思います。ぜひ参考にしてみてください。

以上、ハンコの種類とサイズのご案内でした。ぜひ、ご利用目的に合わせ、ご自分用の1本をご用意していただければと思います。